勉強の苦手意識をなくす方法

苦手科目は好循環のサイクルで克服する。

苦手な科目は、まず始めること自体が大変です。
気持ちが億劫になりがちです。
そして、結局何も始められずに終わってしまうことが多々あります。
そんなときは、まず好きな科目から始めて勢いをつける(とっかかりやすいものから)、
それが、スッと始められるコツです。

穴埋め式の問題集を実戦的な整理ノートにする。

1冊目の穴埋め式問題集は、ふつうに解いて、解答欄に答えを書き込んでいく。
できなかった問題、間違えた問題は、解答をみて、やはり解答欄に正しい答えを記入する。
このとき、できなかった解答にだけ赤ペンをつかっておくと、あとで自分の弱点をチェックできる。

一冊の問題集の解答欄をすべて解答で埋めてしまうと、これが別冊の解答集になる。
時間をおいて2冊目の問題集をやる場合、別冊の解答集があれば、いちいち巻末の解答べ一ジをみなくていいから、答え合わせに手間取らない。

2回目もできなかった問題は、別冊の解答集のほうに※のようなマークをつけておけば、”弱点の中の弱点としてあとあと記憶をメンテナンスできる。

苦手を知リ、苦手でガンバラない。

苦手だという感惰の中に「とても好き」が混じっていることがあります。

「不得意こそ大得意に転じる」という実例はいくらでもあります。
苦手科目は、図書館や予備校の自習室で勉強してみると意外に効率が上がります。
不得意な科目や分野に力を入れないほうが、時間のロスを防げます。

得意分野を確認し、不得意分野を克服する。

得意科目をつくっても、試験に出る可能性の低い論点まで押さえることになり、費用対効果が小さい。

大多数の人が理解できるような基本的な論点さえ押さえればよい。
この論点は何度も出題されるため点数に結びつきやすい。

不得意科目をなくすと合格に近づいた自分を実感でき、勉強が楽しくなり、他の科目にも相乗効果がある。
テストに対する恐怖感、勉強に対する不安感を取リ除くことができれぼ、学力は確実に向上します。

勉強の苦手意識や「食わず嫌い」を解消する簡単な方法

数学が苦手なら、まず一単元を徹底攻略します。
夏休みは不得意科目を解消する絶好の季節です。

不得意教科優先、苦手科目への時間傾斜配分を促していますか?

好きな練習種目と嫌いな種目の併用
自分の弱点を重点的に勉強する

・克服する唯一の方法は苦手科目と思わないこと
・苦手科目は自分のやり方に問題がある

大事なのは勉強時間ではなくて、どれだけ真撃に自分の弱点と向き合って、弱点克服に努めたか
おもしろポイントを見つける
そのおもしろさに目覚めると、苦手だった教科が好きになる
嫌いな教科があれば、まず原因を調べること。

苦手なものは能力がないからその仕事ができなかったのではなく、その仕事に「適していなかった」と考えたほうがいい。
人に向き不向きがあるのは当然。

発想力はあつても細かい作業が苦手な人もいれば・
新しい緊の開拓は苦手だが古くからの顧客には信頼を得てる人もいる。

勉強への苦手意識を克服した上で勉強しないと、せっかく学んだことがムダになる可能性が高い。

受験や資格試験に合格したら自分をほめるというのではなく、今の自分を何度も繰り返しほめて
ただ単に何の根拠もなく「私は天才だ」などと言い聞かせるのは現実的ではありません。

日々の自分の行動や成果から、どんな小さなことでもよいところを見つけてほめ続けてください。
意識というものが、自分自身の体に大きな影響を及ぼします。

脳は考えたことを神経系やホルモン系を通じて全身に指令を送る臓器です。
やる気モードになればやれる指令が出るし、やりたくないモードになれば、やれない指令が出る。

楽しい
希望がある
自信がある!!
どうせ無理だ
またダメだるう・・

その指令を出す元は「感情」。
感情はどのように生じるのでしょうか?
①何か出来事を【知覚】します。
②その刺激を脳の中で『あっ、これはこういう意味だな」というふうに【解釈】
③その解釈を元に、ある特定の【感情】が生まれます。
ストレスの根本原因は、知覚した『出来事』ではなく、『その人の解釈のクセ』にある。

しかし多くの人が、この【知覚】した出来事と【感情】がイコールだと思っています。
①「問題が解けない」という出来事があると、それに対して
②「自分は能力がないんだ」というような解釈をして
③「俺はダメ人間だ…」と落ち込む感情が生まれる。
それが続くと「問題が解けない」イコール「自分はダメ人間だ」と勘違いする。
それはまったく間違っているわけで、実力が発揮できない原因となる【感情】が生まれるのは、常にその【解釈】に対応しています。
②のステップの【解釈】の仕方を変えることで、結果が変わってきます。
「おっ、わからないことが出てきた。ということは、次の試験で点数が上がるポイントを見つけることができた!」という解釈をすれば、
「よし、じゃあここを理解したら点が取れるのだろう?」と、前向きかつ現実的に問題に取り組めます。
【解釈】の段階で「むずかしい…」と簡単にあきらめずに、思考パターンをぜひ変えてみてください。
意職して考え方を変えるだけ。
難しい問題が出てきたらにれを解けるようになったら、自分の価値は上がるぞ」とか、
「こういう問題は捨てる問題だ!よかった、本番でこんなのに時間をとられたら大変なことになるところだった」と前向きに解釈するのです。

こうした『脳の中の言い換え作業』を、最初は意識的に行う。

プラス思考も障害になることがある

『そのプラス思考は、現実的かどうか?』
結果が伴っているのならピツグマウスは素晴らしいのですが、結果が出ないならぱかっこ悪いだけです。
もしかしたら、自分の弱点をさらけ出すのが怖いがためのものかもしれません。

「話は大きくて結構なんだけどね……。絵に描いた餅にならないように、まず足元を固めないとね…」
「その考え方は、なんかしっくりこないな」と感じたりします
最終的な目標は、「今は現実的ではないかもしれないけれど、必要な情報、スキル、人脈をそろえる努力をし、それがそろうか、
そろう見込みができてから、実行に移す!」これだったら、現実的。

現実的ではない不健全思考を健全思考に変えていく。
ストレスをエネルギーに変えることで勉強に不可欠な集中力や記億力が身につきます。
⑤その『思い込み』がどういう『表現』に変わったら健全思考になるか
115べ一ジの文例から探し、その表現を右側に書きます(必要ならば自分に含った表現にアレンジします)
⑥書き終わったら、今度は右側だけを繰り返し読みます
⑦常にその紙を持ち歩き、自然と口をついてその表現が出てくるまで繰り返し読みまくります(1日3回で、386週間くらいが目安)

脳の原則は『考えたことが現実になる』を苦手克服に活用しよう

苦手な科目を重点的に勉強するようにしている
「イヤだなあ」は早めに手当てしましょう。
「頭が勉強を拒否する」現象を防ぐ

タイトルとURLをコピーしました