検定試験の学習でやる気を出す方法39個

勉強に必要なことは集中力です。
そして、集中力を高めるのは、やる気、モチベーションです。

やる気が起きる方法をご紹介します。

  1. 1.簡単な問題を解いて、まずは意欲を育てましょう。
  2. 2.「覚えたい」という動機づけをはっきりさせましょう。
  3. 3.自分を追いつめて、いやがうえにも記憶するようなシチュエーションを設定してしまうのもひとつの方法です。
  4. 4.成功した未来を想像する
  5. 5.自分がどんなときにやる気ができるのかを知りましょう。
  6. 6.変わる動機(モチベーション)を見つける
  7. 7.興味と結びつける
  8. 8.やる気のある人と親しくなり、モチベーシヨンを上げましょう。
  9. 9.儀式を設ける
  10. 10.環境を変える
  11. 11.検定試験の勉強は時間を決めてやってみる。時間帯も工夫する。休憩も入れる。
  12. 12.成功報酬を設ける。褒める。
  13. 13.散歩や運動をする
  14. 14.時間を決めて好きなことをする
  15. 15.誘惑や集中を阻害するものを排除する
  16. 16.無理をしすぎない。張り切りすぎてやる気をなくすことのないように。
  17. 17.やる気が起きないときは、とにかく少しでもいいからやってみる
  18. 18.音楽をかけてみましょう
  19. 19.過去の成功した成績を見て自信を取り戻しましょう。
  20. 20.友人と勉強しましょう。
  21. 21.どうしてもやる気の出ないときはやめる。
  22. 22.目標や目的を今一度思い出す。
  23. 23.図書館や、喫茶店で勉強しましょう
  24. 24.深呼吸して、頬を叩いて、「やるぞ」と声に出してみる
  25. 25.得意なことから始める(順番を考える)
  26. 26.自分を見つめる
  27. 27.全体を細かく分けましょう
  28. 28.優先順位を決めましょう。
  29. 29.「ながら」でもいいからやってみる。生活の一部にする
  30. 30.ゆび回し体操をする
  31. 31.やる気の出るツボをおす
  32. 32.目が覚めるものを飲食する
  33. 33.人生について考える。やらないとつらい未来を想像する
  34. 34.いいかげんになる。
  35. 35.大切な人のために頑張る
  36. 36.アロマテラピー
  37. 37.鼻づまり、体調不良
  38. 38.ヘッドホンをする
  39. 39.ライバルを作る

1.簡単な問題を解いて、まずは意欲を育てましょう。

定期的に成功体験を積んでいきましょう。

時には簡単な問題を解いてみてください。

うまくいった実感が得られると持続につながります。

わかると勉強が楽しくなり、結果が出るともっとやる気になります。

ダメとわかってこそやる気が出るものです。

できるようになるのがおもしろいと感じてくるはずです。

昨日よりもできるようになったとき、快体験が意欲を呼び覚まします。

2.「覚えたい」という動機づけをはっきりさせましょう。

「覚えたい」という意欲を、どれくらい引っ張り出せるかが重要です。

「なぜ、覚えたいのか」
「いつまでに、覚えたいのか」

何のために、という目標が具体的になっていなければ、頭も働きようがないのです。

時間と目的を決めれば、おのずと集中力はアップします。

3.自分を追いつめて、いやがうえにも記憶するようなシチュエーションを設定してしまうのもひとつの方法です。

「知らないのは恥」という心構えで記憶に取り組むと、普通に勉強するよりも、真剣に覚えられます。

人は見栄があるのでそれを逆用して努力の糧とするのです。

わざと自分を追い込んで、頭が働くように仕向けるのです。

何とかしたい気持ちを強く持ちましょう。

解決したいという心からの願望、必ずや解決できるという確信、解決できそうな予感がなければ潜在脳を動かせません。

自分と小さな約束をでつくり実行してみましょう。

4.成功した未来を想像する

やる気が出ないのは「かけた労力に見合ったやり甲斐」が得られないからです。

今がんばればこんな未来が待っていると希望があればワクワクしてやる気も満ち溢れてきます。

志望校の下見に行くのもよいでしょう。

向上心の強さこそが能力を高めるのです。

気力をふるいおこせるのは、その先にワクワクする夢があるからです。

その答えをさがすために、私たちは勉強をしているのです。

解決したらどんなに素晴らしいか実現したらどんなにうれしいかを想像しながら頑張ってみましょう。

5.自分がどんなときにやる気ができるのかを知りましょう。

どんなとき自分から進んで勉強するか、過去の経験を思い出してみましょう。

いま、立っている地点はどこなのか、方向がはっきりしている時、人はやる気になります。
何をやっていいのかわからないような漠然とした状態ではやる気も起きてきません。

6.変わる動機(モチベーション)を見つける

何か新しいことを始めるには、『変わる動機』、しかも強い動機が必要です。
強い動機が見つからない場合には、「絶対にイヤだ」という状態や自分自身を想像してみてください。
『なぜ変わりたいんですか?』
『着地点(ゴール)はどこですか?』という問いの答えを探していくことで、変わる動機が見つかります。

7.興味と結びつける

やる気が出ないときは、『今は進んでやりたいとは思っていないこと』に何らかの意味づけをして興味を持たせてください。

まず取り組むことが苦痛でなくなり、しばらくすると好きに近づいていきます。

好きになるまでいかなくとも『やる意義』を感じることで、脳の吸収の度合はかなり異なってきます。

これを学ぶと

・自分のどんなスキルアップに役立つだるうか?
・だれを喜ばせることができるだろうか?
・どんなことで困っている人をお手伝いできるだるうか?
・周りからどんな風に思われるだるうか?
・自分の価値はどのくらい上がると思えるか?
・どんな人とお近づきになれるだるうか?
・どんな分野が理解できるようになるだろうか?
・どんな分野の苦手意識を払拭できるだるうか?
・どんなリスクを軽減できるだろうか?
・どんな損を防止できるだるうか?
・どんなミスを予防できるだるうか?
・どんな楽しさがあるだるうか?
・どんなわずらわしさから逃れられるだるうか?
・どんな不安から逃れられるだろうか?
・どんなことができるようになるだろうか?
・どんな実力がつくだろうか?
・どんな得をするだるうか?
・誰の役に立つだるうか?

どんな理由があったら、私はこれを自発的に学びたいと思えるのでしょうか?

8.やる気のある人と親しくなり、モチベーシヨンを上げましょう。

必要性にかられると仕方なくですが、やる気も出てきます。
こんな状態ではいけないと自覚してください。
外発的動機が向上心に火をつけるのです。

9.儀式を設ける

勉強のまえに、鉛筆を削る、教科書を整理するといった単純作業をやる気を出す儀式としてやってみましょう。

10.環境を変える

やる気のおこる環境を作りましょう。
部屋を片づけましょう。
涼しい方が頭がさえる人は、部屋を涼しくしましょう。
カーテンの色を変えたりするのでもよいです。

11.検定試験の勉強は時間を決めてやってみる。時間帯も工夫する。休憩も入れる。

集中力は長時間続きません。

あまり、根詰めてやると、一気にやる気がなくなってしまうこともあります。
しかも長期間やる気がなくなるようになってしまうと、とても厄介です。

なので、時間を決めてやりましょう。
始める時間より終わる時間を決めて、そこまでは頑張ってみましょう。
そして、適度に長すぎない休憩を入れましょう。

また、検定試験の学習をする時間にも工夫しましょう。
午前中に頭がさえる人は午前中にやる。
午後に頭がさえる人は午後にやる。

12.成功報酬を設ける。褒める。

成功報酬でやる気をコントロールしましょう。
検定試験の教科書を1ページよめたら、プリンを食べるでもよいでしょう。

できたら、自分を褒めて自己肯定感を高めましょう。

やる気の動機付けには消極的な動機付けと積極的動機付けがあります。

消極的な動機付けというのもあります。
・このテストでよい点をとらないと成績に響く。
・この課題を終わらせないとパーティに出席できない。
・この大学入試に合格しないとぼくの将釆はない。
・この授業でよい成績をとらないと夏期講習に通わされる。

積極的な動機付け
・一時間ちゃんと勉強したら、好きな商品を買っていい。
・課題を早く終えたら、休日に遊びに行ける。
・この授業でAをとったら、週末旅行を自分にプレゼントしよう。
・これらの教科でよい成績を収めれば、間違いなく大学院に入学できる。

13.散歩や運動をする

散歩や運動をすることで、息抜きをしましょう。
心拍数をあげることで、やる気が起きてくることもあります。

14.時間を決めて好きなことをする

どうしても、やる気が出ないときは、一度、勉強から離れましょう。
気分転換に好きなことをします。
ただし、好きなことに夢中になりすぎないように、時間を決めて行いましょう。

15.誘惑や集中を阻害するものを排除する

近くにテレビがあると見てしまう。
好きな雑誌が置いてあると気が散って集中できない。
おいしそうなスープの匂いが気になってしょうがない。

そんなときがあると、検定試験の勉強に集中できません。

集中力の邪魔になるようなものは、勉強部屋には置かないようにしましょう。

16.無理をしすぎない。張り切りすぎてやる気をなくすことのないように。

検定試験の勉強は無理のないように進めていきましょう。
自分の力量を分かったうえで、つらいと感じながら無理に勉強しすぎないようにしましょう。
張り切りすぎて、結局ダメだったとなると、後まで引きづってしまいます。

17.やる気が起きないときは、とにかく少しでもいいからやってみる

自分に対する目標や理想が高いと、できないときに落ち込みやすくなります。
特に、スランプの時や、どうしてもやる気が起きないときはハードルを下げましょう。

1問だけでも解いたりすればokとしましょう。

机に座って、検定の教科書を開くだけでもOKとしましょう。

18.音楽をかけてみましょう

集中力がとぎれたりしない程度に、音楽をかけてみましょう。
BGM程度の、少しやる気の出る音楽が良いですね。

19.過去の成功した成績を見て自信を取り戻しましょう。

やる気が出ないときは自信を失ってる時もあります。
そんな時は、過去にうまくいった成績表などを見直してみましょう。
自信を取り戻すのです。

20.友人と勉強しましょう。

一人でやってると息詰まることが多々あります。
そのせいで、やる気を失っているのかもしれません。

気分転換に友人と一緒に勉強するのもよいです。

21.どうしてもやる気の出ないときはやめる。

何をやっても、検定試験の本を開くことすらできない場合は、少し重度なので、その日はきっぱり休みましょう。
その代わり次の日はしっかり勉強しましょう。

22.目標や目的を今一度思い出す。

なんのために、勉強しているのかを思い出しましょう。
検定試験に合格するということが目標だとしても、その目的も思い出しましょう。
そして、すばらしい未来を想像しましょう。

目的や目標を紙に書いて、毎日見えるところに貼りましょう。

23.図書館や、喫茶店で勉強しましょう

やる気が起きない原因は、環境にあるかもしれません。
環境を変えられるならいいですが、近所で工事をやっていて集中できないとか、
兄弟の友人が遊びに来ていて集中できないといったときは、
勉強する場所を変えてみましょう。

図書館や喫茶店に行くのでもいいです。
公園がよければ公園でも問題内です。

24.深呼吸して、頬を叩いて、「やるぞ」と声に出してみる

やる気が出ないというのは、気持ちが安定していないといのもあります。
そんなときは、深呼吸をしましょう。
そして、何か大きな声で自分に活を与えましょう。

25.得意なことから始める(順番を考える)

検定試験の勉強で、最初から躓くのは、難しいことから始めるからです。
よく、教科書の最初から計算問題のようなものがあることがあります。

計算問題が苦手な人には、出だしからやる気をそがれてしまいます。

難しいところは飛ばして、まずは、得意なことろ、問題なく進められるところから始めましょう。

26.自分を見つめる

なぜ、やる気が出ないのかを知ることが大切です。
自分に問いかけて、今の自分の感情に目を向けてみましょう。

お腹がすいているから?
ご飯を食べましょう。

眠いから?
少しばかり仮眠をとりましょう。

27.全体を細かく分けましょう

夢が大きすぎると、すぐに挫折してしますものです。
目標に対して、必要なことを細かく分けましょう。
そして、簡単なものから一つずつやっていきましょう。

28.優先順位を決めましょう。

あれこれ、やることが多すぎるとパニックになって何も手につかなくなります。
優先順位をつけて、最低限これだけはやるといった、優先度の高いものを片付けていきましょう。

29.「ながら」でもいいからやってみる。生活の一部にする

何かをしながらでもいいから、とにかくやってみる。
散歩をしながらでもいいから、検定試験の教科書を開いてみる。

隙間時間を活用するのもいいです。
トイレやお風呂場に、表を貼って、嫌でも見るようにしましょう。

30.ゆび回し体操をする

散歩や走ったりするのも、面倒だという人は指回し体操をしてみましょう。
気軽にすぐにできます。

31.やる気の出るツボをおす

ツボというのはやる気が出る場所もあります。
ツボを押してみましょう。

32.目が覚めるものを飲食する

コーヒーを飲んでみる。
目が覚めるガムを噛んでみる。
辛いカレーを食べてみる。

目が覚める刺激を与えてみましょう。

33.人生について考える。やらないとつらい未来を想像する

自分を追い詰めることでやる気が起きることがあります。
自分で自分のお尻を叩きましょう。
将来の自分のためにやるのです。

34.いいかげんになる。

完璧主義をやめるということです。
完璧ということにこだわりすぎると、やる気はなくなっていきます。

35.大切な人のために頑張る

あなたには大切な人がいますか?
今、頑張っている人が大切な人のためになる、結びつきがあるのなら、
その人のためにも頑張りましょう。

36.アロマテラピー

集中力が高まるお香というのもあります。
ろうそくを見て、お香を焚いて、音楽をかければ、気が晴れて集中できることがあります。

37.鼻づまり、体調不良

体調不良の時は思い切って休むほうがよいです。
原因がはっきりわかっているので、しっかり休んで、次の日に挽回しましょう。

鼻が詰まっていたりしても集中できないことがあります。
鼻をかんで、ガムを噛めば鼻はスッキリします。

38.ヘッドホンをする

最近ではのノイズキャンセル機能のあるイヤホンやヘッドホンがあります。
騒音が気になるときはつけてみましょう。

39.ライバルを作る

こいつにだけは負けたくないというライバルを作ると、否が応でもやる気が出ることがあります。
自分の性格を知ったうえで、負けず嫌いであれば、とても有効な方法です。

タイトルとURLをコピーしました